知識が重要!

AGAって何のこと?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」という意味です。遺伝やホルモンの影響で、髪の毛が薄くなる状態のことを言います。生え際や頭頂部の抜け毛や薄毛が気になる方もいるのではないでしょうか。
AGAの主な原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。このホルモンが髪の毛の太く長く成長するサイクルを短くしてしまい、細く短い髪の毛が頭皮全体に増えることによって、髪の毛が薄く見えるようになってしまうのです。
AGAは進行性なので、放っておくとどんどんと進行していきます。だから早めのケアが大切になるのです。しかし、ケアと言ってもどんなことをすればいいのでしょうか?

AGAの治療「オフェンス」と「ディフェンス」

AGAのケアには大きく分けて二種類のケアがあります。「オフェンス」のケアと「ディフェンス」のケアです。
「オフェンス」のケアとは、髪の毛を増やす、という考えで行うケアのことです。例えば、規則正しい生活をする、喫煙や飲酒を減らす、ストレスを減らす、ミネラルなど髪の毛に必要な栄養素を摂取する、などです。また、『ミノキシジル』という薬剤を使った発毛治療も「オフェンス」のケアです。
「ディフェンス」のケアは脱毛を減らすことに着眼したケアのことです。頭皮を清潔にするのはもちろん、「オフェンス」のケアとも似ていますが、たっぷりと睡眠を取り、栄養のある食事をし、ストレスのない生活を送ることが重要になります。
いずれのケアも、大切なことは、規則正しくストレスフリーな充実した生活を送ることにあります。ケアの知識を持って、AGAのケアに取り組みましょう!